おまとめローンは有効的に使う

おまとめローンは有効的に利用する事でおまとめローンのメリットを活かすことが出来ます。 この有効的と言うのは、金利が安いローンを利用する事で、他社借入れを一本化させて、月々の返済額を減らすことが出来るようになると言うメリットが有ると言う事なのです。

例えば、他社のローンの金利が18.0%、おまとめローンの金利が17.0%であれば金利の差としては僅か1%に過ぎませんが、金利の低いローンを利用する事で総支払額、月々の返済額に変化が起きることになるのです。

例えば、100万円のローンを組んでいる人が金利18.0%と金利17.0%の二つの金利を適用して返済を行ったとします。 この時、18.0%の金利に含まれる利息は30日間で次のようになります。 100万円×18.0%÷365日×30日間=14795円の利息が必要になります。

一方、17.0%の場合は、100万円×17.0%÷365日×30日間=13973円の利息が必要になります。

二つを比較すると、その差と言うのは14795円-13973円=822円になります。 僅か1%の金利の差で822円と言う利息を節約することが出来るのです。 しかも、1か月間の中でこれだけの利息を減らせますので、10年間では822円×12か月×10年間=98640円の利息を減らせる計算になるわけです。

但し、利息は元金に対する割合で計算されますので、返済を行う事で元金が減りますので厳密にはこれだけの利息が減るわけではありません。 しかし、金利が低いローンを利用してローンを一本化させることで返済に含まれる利息を減らせることが明確になるのです。 この事からも、金利が低いおまとめローンは、有効的に利用する事で月々の利息を節約出来ますし、総支払額も減らせると言ったメリットが有るのです。

また、利息が減りますので月々の返済額が減る事で返済額を多くすることも出来るわけです。 返済額を多くすることで返済期間を短くすることも出来ますし、返済期間を短くすることでその分利息が少なくなりますので、総支払額が減ると言うメリットもあるのです。

因みに、消費者金融には総量規制が有りますが、おまとめローンについて総量規制の例外貸付として認められており、年収の3分の1を超えるローンを組む事も出来るのです。 数社からの借金をおまとめローンを有効的に利用して1本化させることで利息や総支払額を減らすことが出来ると言ったメリットが有るのです。

レコメンドサイト

↑ PAGE TOP